いわゆる歯科とは異なる美容歯科でホワイトニング

いわゆる歯科とは異なる美容歯科でホワイトニング

ホワイトニングというのは、コーヒーやお茶、加齢などによる着色してしまった歯を、削ることなく白くする治療のことです。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることが出来るようになるでしょう。

 

ホームホワイトニングというのは、自分の歯の型のマウスピースを作成し、専用の薬剤を入れて装着をします。
ホワイトニングにも様々な薬品が使われていますが、ホームホワイトニングでは低濃度の薬品であるため安全性も高くなっているのです。
オフィスホワイトニングというのは、歯の表面に薬剤を塗布し、専用のレーザーや光を当てることによって歯の色素を分解させます。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、この即効性がホワイトニングが人気の要因となるのです。



いわゆる歯科とは異なる美容歯科でホワイトニングブログ:20-07-26

一週間位前、実家の片づけをしていたところ、
母親が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

わたしの母親が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母親の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母親の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとわたしには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

わたしは娘のころから、
母親のそんな洋服が大好きでした。

母親は仕事もしていたし、
3人の娘がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園の運動会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
わたしの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母親とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母親の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁわたしって母親のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母親とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
わたしは思っています。


ホーム サイトマップ